システムを導入する|リスティング広告を代行業者に依頼すれば宣伝になる

リスティング広告を代行業者に依頼すれば宣伝になる

紳士

システムを導入する

レディー

CRMとどこが違うのか

SFAと一緒によく使われる言葉としてCRMがありますが、一体どこが違うのでしょうか。これは日本語に訳すと分かりますが、SFAは営業支援システムで、CRMは顧客管理です。もちろん、SFAでも顧客管理は行いますが、CRMでは、メルマガや顧客満足度調査など、営業を介さない営業活動にもつながっていきます。一方で、SFAでは営業活動の情報を集めて、効率化することに重点がおかれます。しかし、それぞれのシステムが独立に動いてしまっては、せっかく情報を集約しても意味がありません。営業同士の情報は共有できても、クレーム情報が伝わっていなかったなどのトラブルになりかねません。SFAを導入する際には、顧客管理を扱う部門やシステムと、どう連携させるのかが重要です。

複数部門が関わる

SFAを導入する際に大変なのは、複数部門が関わるということでしょう。一般的には情報システム部門が中心となりますが、営業部門と顧客管理部門の意見を集約しながら進めていくことになります。ここで気を付けたいのは、管理する側からすると、できるだけ色んな情報を集約して可視化したくなるのですが、それゆえに入力する営業の負荷が増えてしまうということです。パソコンの苦手な営業もいますし、細かく管理されるのを嫌う営業もいて、彼らのモチベーションが下がりかねません。ですので、入力項目はなるべく最低限にし、入力の目的と効果をはっきりと明示し、入力の際のヘルプなど支援を行うことが大切です。SFAはしっかり歯車がかみ合えば、飛躍的に効果が上がりますので、導入前から部門連係をしておく必要があります。